下着に工夫して汗による痒みを抑える方法

3687 views

♡0 お気に入り

対策を投稿した人

Media Object

ajisai

chest | dry skin

アトピー対策の詳細

内容

ブラのアンダーラインに汗をかいて掻き壊してしまうという女性の悩みを解決する方法です。日本手拭いを用意し、体の幅やカバーしたい範囲に合わせて手拭いを畳みます。 私は、縦幅は5?10cm、横幅は左右のカップの端から端まで届くくらいの幅に畳んでいます。ブラの間に手拭いを挟みます。ブラのホックは、手拭いの厚みに合わせていつもより緩いものにすると苦しくありません。汗をかいたら手拭いは小まめに替えることで痒みを抑えます。ノンワイヤーブラや、カップ付きタンクトップでも、手拭いはなかなか落ちてきません。 夏場は速乾効果のあるブラやカップ付きタンクトップに手拭いを挟んで使います。大汗をかく真夏は、下着も定期的に取り替えています。 綿のブラは肌あたりはいいのですが、吸った汗を逃しにくいため痒くなりやすく、においもつきやすいですね。


お気に入りポイント

手拭いなら洗濯してもすぐに乾くので便利です。また手拭いは種類が豊富なので自分の肌に合ったものを探せます。


留意点

手拭を汗を吸ったままにしておくと、かえって痒みが増すことがあります!




このエントリーをはてなブックマークに追加


※この対策はあくまで一当事者の体験談であり、医学的・科学的根拠は必ずしも保証されていません。untickleでは明らかに医学的に間違っていると弊社監修医の方が判断をした内容は削除をしますが、基本的には当事者の方の意見を尊重しております。ご了承のうえ、上記投稿内容をご参考下さい。

もっと詳しく聞きたいことや感想などを書き込んでね!


この対策を見た人は、こんな対策もみています

今週の注目トップ5

lifestyleに関する対策