痒い時の熱中症対策の保冷剤

998 views

♡0 お気に入り

対策を投稿した人

Media Object

mamaduck

40代 | 愛知 | face | dry skin

アトピー対策の詳細

内容

【以下は例なので、対策内容にあわせて編集してください】

■ あなたのアトピー症状やストーリー
生まれつきアトピーで、なにかと指がかさかさになって、ぱっくりしやすく、料理中に菜のエキスでしみることがよくあって困ってました。

■ あなたのアトピー対策
同じアトピー仲間の友人に相談したところ「包丁作業をする時に、使い捨てのンパウダーのビニール手袋をつけると痛くない」と教えてもらい、実際にやってみたところ、効果てきめんで痛くありませんでした!

それ以来、台所には必ず使い捨てのビニール手袋を置くようにしています。

■ 導入手順
1.ビニール手袋を購入する

2.包丁などを使う前につける

3.使い終わったら捨てる


お気に入りポイント

痒い時は冷やすようにいわれてますがお菓子などについてくる保冷剤を手で持って患部に当てていると作業ができません。そんな時は、熱中症対策に作られたグッズ。冷えすぎず、首にまいたり、被ったり、バントでしめたりで冷やしやすいです。


留意点

冬場も温かいところにいながら、冷やしてるとき矛盾を感じたりツッコミが入りますが、ほんの数分当てると痒みが引きます。
冷やしすぎに注意




このエントリーをはてなブックマークに追加


※この対策はあくまで一当事者の体験談であり、医学的・科学的根拠は必ずしも保証されていません。untickleでは明らかに医学的に間違っていると弊社監修医の方が判断をした内容は削除をしますが、基本的には当事者の方の意見を尊重しております。ご了承のうえ、上記投稿内容をご参考下さい。

もっと詳しく聞きたいことや感想などを書き込んでね!


この対策を見た人は、こんな対策もみています

今週の注目トップ5

lifestyleに関する対策