アトピーによる長期療養・休職・復職について

5700 views

♡3 お気に入り

対策を投稿した人

Media Object

ニータ

40代 | 神奈川 | all body parts | boggy skin

アトピー対策の詳細

内容

アトピーと仕事の関係について。

アトピーがひどくて退職を考えられている方は、
辞めるまえに長期休暇とか休職制度とか、
会社制度で利用できるものがないか、ぜひ調べてください。
自分もそうでしたが、頑張り過ぎないで下さいね!

■前提
自分の成人型で仕事をはじめた後から、アトピー症状がひどくなりました。

■寝不足で遅刻が多くなる
自分の場合は、アトピーで夜寝れないことを上司に報告。
A上司も自分の場合は、顔に症状が出てきていたので
アトピーの知識はないものの「辛そうだな~大変だね~、経過報告してよ」みたいな感想でした。
周りの同僚にも迷惑をかけてましたが、さすがにそれまで普通だった顔が
できものできて日増しにひどくなってきたいたので
「大丈夫か?」的な心配をされました。

■仕事に支障が出だす
寝不足でお客さんとの打ち合わせに遅刻する
ミスが発生するなどの自体が発生
さすがにその段階になって、上司から「どうしようか?」的な相談をされる

■人事に相談
会社での参加必須の行事(全社集会・社員旅行など)に参加ができないぐらい悪化したため、
人事にアトピーが悪化したことを告げる
その頃、支社勤務だったため、電話によるやりとり
過去にもアトピーで休職した社員がいたらしく、人事の方も
「過去には、休職した方もいます。」という情報を得る。

■長期療養・休暇を使っての入院療法
さすがに仕事をできない状態まで悪化したので
上司・人事に相談して、2週間の入院治療(有給扱い)

良くなって復職。
が、再悪化。

■休職申請~復職まで
一年後に再悪化したため、B上司(最初とは違う上司)に退職を相談。
B上司の知り合いの社員がアトピーで休職を経験した人だったため、
「退職の前に休職して治療してみたら?」とアドバイスされる。

休職日を相談して、一旦、豊富温泉で湯治を行う。

そこで症状が改善すれば、休職しない予定だったが、
改善しなかったため休職を決定。
人事に休職用の規定書類(医師の休職診断書)等を提出して、休職する。

休職期間中(7か月)
社内の提出書類を1か月に1回にメールにて提出。
予定よりも休職期間が伸びたため、医師による診断書をその後は、
月に一回提出していました。


お気に入りポイント

仕事を辞める前に休暇とか休職とかいろんな選択肢を考えてみてください!


留意点

休暇や休職をとる一番の障害は、自分のメンタルブロックです。
健康さえあれば、人生、なんとかなります。
出世とか周りの評価を気にするのは、やめましょう!




このエントリーをはてなブックマークに追加


※この対策はあくまで一当事者の体験談であり、医学的・科学的根拠は必ずしも保証されていません。untickleでは明らかに医学的に間違っていると弊社監修医の方が判断をした内容は削除をしますが、基本的には当事者の方の意見を尊重しております。ご了承のうえ、上記投稿内容をご参考下さい。

もっと詳しく聞きたいことや感想などを書き込んでね!


この対策を見た人は、こんな対策もみています

Raw egg shampoo

kakinoshita head dry skin | 2016-03-23 | 2092 views

Yoga

kakinoshita face dry skin | 2016-03-29 | 2132 views

Raw egg shampoo

kakinoshita head dry skin | 2016-03-23 | 2092 views

Yoga

kakinoshita face dry skin | 2016-03-29 | 2132 views

今週の注目トップ5

lifestyleに関する対策