症状がひどいときは弁当持参で徹底的した食生活を

2647 views

♡0 お気に入り

対策を投稿した人

Media Object

koji

all body parts | red skin

アトピー対策の詳細

内容

自分の場合、食物アレルギーが重症になったため、外食での選択肢が極端に少なくなりました。 そのため、ランチは弁当を持参しています。摂取可能な食材をボイルもしくは焼いて持っていっています。ランチをしながら打ち合わせをする際は、自分の弁当の持ち込みについてお店へ了解を取るなどの配慮もしています。


お気に入りポイント

自分で調理することで味付けにも気を付けるようになり、減塩にも繋がりました。


留意点

特になし




このエントリーをはてなブックマークに追加


※この対策はあくまで一当事者の体験談であり、医学的・科学的根拠は必ずしも保証されていません。untickleでは明らかに医学的に間違っていると弊社監修医の方が判断をした内容は削除をしますが、基本的には当事者の方の意見を尊重しております。ご了承のうえ、上記投稿内容をご参考下さい。

もっと詳しく聞きたいことや感想などを書き込んでね!


この対策を見た人は、こんな対策もみています

今週の注目トップ5

foodsに関する対策