浸出液が出た時の対処/保護には"綿ちぢみ(クレープ)"がオススメ

140 views

♡0 お気に入り

対策を投稿した人

Media Object

@PeA(アットペア)

20代 | 和歌山 | face | red skin

アトピー対策の詳細

内容

■ あなたのアトピー症状やストーリー
生まれつき全身アトピーでしたが小学生時代はアトピーだと気付かれないぐらい状態が良かったです。
思春期~中学~高校~と二度の爆発がきて、その頃にステロイドを使用しました。
使用法を守り、脱ステに成功しましたが、現在は成人型アトピーに移行。

■ あなたのアトピー対策
浸出液(黄汁)が出るぐらいに悪化してしまった場合、リント布やガーゼなどで固定させる方法がありますが、
細かな毛くずが患部にくっつくのが苦手だという方もいらっしゃるかと思います。
私も全身アトピーの保護と吸収に、色々な繊維の物を試してきましたが、その中でも特に良かったのが綿ちぢみ(クレープ)素材でした。
綿ちぢみ(クレープ)というとステテコTシャツをイメージしていただくと分かりやすいかと思います。
サラっとしていて「ちぢみ加工」の凹凸が皮膚との隙間をつくり、くっつきにくかったです。
あの独特の気持ち悪さが和らいだような気がします。

それに隙間が多いので、患部を早く乾かせることができました。
URL:資料館 綿ちぢみについて
http://www.steteco.com/archives/crepe.html

■ 導入手順
1.スーパーや衣料品チェーン店に置いてあります。
(涼しいので夏に売り出されることが多いです。)

2.ステテコTシャツは、そのままでガーゼの役割になるかと思います。

3.洗濯して何度でも使用可能。縫製ができる方なら違う部位用にもリメイク可能です。


644_0.jpg

お気に入りポイント

・しっかりと吸収性がある
・シボ凹凸があり、早く乾かせることができる
・そのままでガーゼの役割


留意点

・普通のTシャツのような伸縮性がない
・洗濯すると若干縮むので1サイズ大き目を購入する




このエントリーをはてなブックマークに追加


※この対策はあくまで一当事者の体験談であり、医学的・科学的根拠は必ずしも保証されていません。untickleでは明らかに医学的に間違っていると弊社監修医の方が判断をした内容は削除をしますが、基本的には当事者の方の意見を尊重しております。ご了承のうえ、上記投稿内容をご参考下さい。

もっと詳しく聞きたいことや感想などを書き込んでね!


この対策を見た人は、こんな対策もみています

Raw egg shampoo

kakinoshita head dry skin | 2016-03-23 | 956 views

Yoga

kakinoshita face dry skin | 2016-03-29 | 891 views

Raw egg shampoo

kakinoshita head dry skin | 2016-03-23 | 956 views

Yoga

kakinoshita face dry skin | 2016-03-29 | 891 views

今週の注目トップ5

lifestyleに関する対策