寝袋が意外と使えます♪

365 views

♡0 お気に入り

対策を投稿した人

Media Object

dondon_onpu

50代 | 京都 | head | dry skin

アトピー対策の詳細

内容

2月の関東遠征前後から寝袋で床に寝ています。最初はベッドの上に荷物を寄せていたことによる緊急避難的措置でしたが、関東遠征中の車中泊に続いて、帰ってからもそのまま使用しています(イラスト参照ください)。

私が使っているのは「気温15度仕様」の簡易な封筒型(中布団付き)のものですが、冬場でも(暖房を入れずに)15度前後の室内ではちょうどよいと感じています。

ベッドで冬用布団(起毛の敷パッドや羽毛布団など)で寝ていた時は、気がつくと布団が真横や逆さまになって、寒い思いをよくしていました。おそらく、身体が熱いと感じたり、無意識に身体を掻いていて、布団を蹴散らしてしまうためだと思われますが。。。

「お気に入り」でも書いていますが、寝袋だと多少動いても、(サイドジッパーを閉めている限り)身体が外へ出ることはありません。また、意外と冷えにくいので多少薄着でも暖かく眠れます。

洗い替えにもう一つ買おうと思っています(車中泊やキャンプなんかで連結して遊ぶためにも)。

ちなみに価格は中布団付きのもので6千円~8千円ぐらい、メーカーやデザイン・色にこだわらなければ、5千円以下でもたくさんあります。気温15度仕様は春~秋用なのでシーズンオフの冬場や型落ちモデルは廉価販売されていることもあります。


636_0.jpg

お気に入りポイント

付属の中布団やフリースブランケット1枚追加するだけで、炎症時の発熱量が高い時でも温度調整がしやすい。丸めてベランダや浴室まで運べるので、落屑などの処理が楽。汗や結露で濡れても、両面使えるので(ひっくり返しておくだけで)すぐ乾く。サイドをジッパーで固定するので、中で多少暴れても冷えない。同じメーカーの近い型番であれば連結できる。車中泊やキャンプでも活躍する。


留意点

性能や値段に幅がありすぎて(初見の)売場で戸惑う。サイドが固定されているので、夜中にガバッと起き上がれない(慣れの問題)。寝袋内や寝袋上でスマホやタブレットが操作しにくい。床に直置きすると結露しやすいので、キャンプ用銀マットやダンボールを敷いておく必要がある。見た目が貧相なので、身内から「寒くないか」と心配される。




このエントリーをはてなブックマークに追加


※この対策はあくまで一当事者の体験談であり、医学的・科学的根拠は必ずしも保証されていません。untickleでは明らかに医学的に間違っていると弊社監修医の方が判断をした内容は削除をしますが、基本的には当事者の方の意見を尊重しております。ご了承のうえ、上記投稿内容をご参考下さい。

もっと詳しく聞きたいことや感想などを書き込んでね!


この対策を見た人は、こんな対策もみています

Raw egg shampoo

kakinoshita head dry skin | 2016-03-23 | 956 views

Yoga

kakinoshita face dry skin | 2016-03-29 | 890 views

Raw egg shampoo

kakinoshita head dry skin | 2016-03-23 | 956 views

Yoga

kakinoshita face dry skin | 2016-03-29 | 890 views

今週の注目トップ5

lifestyleに関する対策