人体図による炎症部位の把握

879 views

♡0 お気に入り

対策を投稿した人

Media Object

dondon_onpu

50代 | 京都 | all body parts | dry skin

アトピー対策の詳細

内容

千葉市のアレルギー外来に通っていた時にこんな人体図を使って、炎症の記録を取っていたお医者さんがいたのを思い出しました。

仮に一定条件下で同じ(近い)部位で強い炎症反応が起きているとしたら、なにかのヒントになるかもしれません。

ちなみに、下記は1月6日夜から1月7日未明に掛けて、増悪した時のものです。

サイトカイン伝達物質を抑制する治療を続けているため、最近は増悪(稀に重症化)しても、強い痒みはほとんど無かったのですが、昨夜は下肢に強烈な痒みが起こり、無意識に掻き壊しそうになりました。。。(ノД`)・゜・。


626_0.jpg

お気に入りポイント

多くのPCやタブレット、スマホでも手書き描画できる様になったので、意外と使えるかも。


留意点

とくになし。




このエントリーをはてなブックマークに追加


※この対策はあくまで一当事者の体験談であり、医学的・科学的根拠は必ずしも保証されていません。untickleでは明らかに医学的に間違っていると弊社監修医の方が判断をした内容は削除をしますが、基本的には当事者の方の意見を尊重しております。ご了承のうえ、上記投稿内容をご参考下さい。

もっと詳しく聞きたいことや感想などを書き込んでね!


この対策を見た人は、こんな対策もみています

Raw egg shampoo

kakinoshita head dry skin | 2016-03-23 | 1096 views

Yoga

kakinoshita face dry skin | 2016-03-29 | 1089 views

Raw egg shampoo

kakinoshita head dry skin | 2016-03-23 | 1096 views

Yoga

kakinoshita face dry skin | 2016-03-29 | 1089 views

今週の注目トップ5

lifestyleに関する対策