【栄養を一度に摂取】重度アトピーには機能性表示食品認定の青汁商品がお勧め

848 views

♡0 お気に入り

対策を投稿した人

Media Object

chiyo

30代 | 東京 | 全身 | まっか

アトピー対策の詳細

内容

アトピー対策として外せない食生活だが、この食生活の質を維持・向上させる為に、いわゆる健康食品を取り入れている人は結構多いかと思う。

重度の私もこれにはかなり気をつかっていて、昔からあれこれ試してきている。これからもそのスタンスは変わらないと思うが、これまでの体験から、「アトピー対策と食生活と健康食品」に対して今思っていることと、効果を感じた対策についてまとめてみた。


<背景>
恥ずかしながら、私は学生の頃から今も「アトピー改善に繋がる食生活」があまり出来ていない。

こんな事を言うと「親の理解がなかったのか」と思われる方もいるかもしれないが、親は結構気を使ってくれていた。物心ついた時から質の良い食材を使い、全体的に野菜も多め、冷凍食品は使っていなかった。

献立でいうと、アトピー改善に最適だったかはちょっと怪しいが、全体として「まぁ悪化はしないでしょう」というレベルだった。

一番の原因は私のアトピーに対する姿勢にある。untickle活動を始めてからはだいぶ変わってきたが、昔は本当にアトピーと向き合うことが出来なかった。

その為、アトピーの為に何かを気をつけること自体がすごく嫌だったし、周りの友達と同じようにジャンクフードや菓子パン、揚げ物など「アトピーに良くない食べ物」を親の目の届かないところで好きなだけ食べていた。成人してからはお酒もかなり飲んでいた。

ちなみに私はこれまで何度も寝たきり生活を送っているが、寝たきり状態のときはさすがに上記のものは口にしていない。

「苦しい時期を何度も経験してるのに、なぜそんな食生活を繰り返すのか?」と思う方もいるかもしれないが、私の場合あまりに苦しいことは、その時期がすぎると無意識に記憶から消してしまう習性がある。アトピーと向き合っている今でもこの習性は続いていて、だからか、「あの辛い時期に戻るのはもう嫌だから気をつけよう!」という思考を維持することがなかなか難しい。


<複雑で深すぎる栄養の世界>
アトピー改善に良いとされる栄養は、
タンパク質
ビタミンB群、C, E,
亜鉛
カルシウム
マグネシウム
などなど、他にもけっこうな数がある。

これだけでもすぐには覚えられないのに、中には「タンパク質・ビタミンC・鉄はセットで摂取する」といった組み合わせルールもあったりするので、実にややこしくてなかなか実際の食生活に取り入れることができない。今でこそちょっとずつ理解しつつあるが、最近まではほぼ知らなかった。

アトピー当事者として、仕方ないとは言え面倒だなぁと思うことの一つが、重度こじらせアトピーを本格的に改善させるには、免疫と皮膚に大きな影響を与えるこれら栄養について理解を深め、それに基づく食生活を日々取り入れなくてはいけない、という点である。言い換えると、私のように既に症状が重度化していて、かつ継続的に悪化要因を多く抱えている場合、単純に「ビタミンB群沢山とろう」とかいう話では済まない。


この食生活は、本来は食事によって成されるべきだが、私は昔も今もこれがなかなか上手くできていない。それには私の性格が大きく影響している。

私は何に対しても偏りのある思考や行動をとってしまう性格である。

例えば重度化して寝たきりのときは仕事もほとんどできない為、自分のアトピーを改善させることに思考がぐっと傾き、かなりアトピー改善に繋がる食事がとれている。

それが回復して少し動けるようになると、途端に脳内が仕事モードに偏り、作業時間も外出の頻度も急に増える。こうなると、食事しいては自分のアトピー対策のことはつい二の次になり、どうしても質がぐんと落ちてしまうのだ。問題だと分かっているのだが、未だに改善できない。

私のような当事者は、世間からは「アトピー治したいならそれ位努力しないと」「治す気がないんじゃないの?」とか言われがちだが、私的には「努力してるつもりだし、治す気も全然あるんですが!」と言いたい。むしろ気軽に攻略できない今の世の中に問題があると思っているくらいである。


さて、私の性格がどれだけ問題であろうと、アトピー改善の為には栄養と組み合わせルールを取り入れる必要がある、という事実は変わらない。ましてや私の症状はここ1年半は基本重度であり、たまに中度まで回復する、という具合なので、とりわけ気をつけなければいけない状況だ。

そういう訳で、私は健康食品を積極的に取り入れている。健康食品、とりわけサプリメントに関しては、そもそもこれ自体に否定的な意見もあるが、質や摂取方法を気をつければ充分な価値があると思っている。(とは言え、私の知る限り市販のサプリのほとんどが凝固剤や増粘剤をなどを使用しているため、「アトピー当事者にとって良い質」のサプリを入手するのは容易ではないのが現状である。)

さて、アトピーと栄養について学びつつ、日ごろ色々な健康食品を試しているわけだが、現時点での成果を踏まえた当事者としての正直な心情としては、「ちょっとハードル高すぎですわぁ・・」といったところである。攻略までの道のりはかなり長そうだ。

具体的に言うと、症状を考慮して、食事によって摂取できている栄養と、追加で健康食品で補うべき栄養の種類と組み合わせルールを考えるという作業は、正解が一つではないうえ、試行錯誤するにも、選択した効果を見極めるまでに時間がかかるので、せっかちな私としてはもどかしさを感じる。


<私に合う便利な健康食品>
今のところ、超ワガママこじらせアトピー当事者である私にとって一番合っていて効果が実感できている健康食品は青汁だ。

■青汁商品を選ぶこつ
・原料となるケールを、農薬や除草剤、化学肥料を使わず、食べても安心な食用菌や、真珠貝の粉砕した殻などを利用した有機栽培法で育てたものを使用していて、有機JAS認定を受けているもの
・ケールのバランスのとれた高い栄養素がそのまま粒や粉末に含まれているもの
・機能性表示食品認定されているもの
・凝固剤や増粘剤などの添加物を使用せず、原料をそのまま圧縮したもの

私自身は、重度で寝たきり生活のときに上記全てに当てはまる青汁商品を摂取しはじめたのだが、1週間ほどで便秘が解消されトイレに行く回数が倍に増え、3ヶ月目くらいから落屑量の減少や痒みの緩和といった症状改善の効果を実感しはじめた。

その後動けるようになってから、あまり症状が良くないなか、仕事で移動がかなり多く続き、悪化要因が一気に増えた時期があった。どうにか倒れずに持ちこたえることができたのは、この青汁のお陰である。

私に合っているというのは、上記のような青汁商品は、アトピー改善に良いとされる栄養群が数多くかつ豊富に含まれているため、悪化要因の多い仕事中心の生活でもこれさえ摂取しておけば、食生活の質をある程度高く維持でき、改善に繋げられる、という理由からである。

あえて個人的に感じる短所を述べるとすれば、ちょっと苦いのと、粒状でも粉状でも特に重度の時は、1日に大量摂取が推奨されているため、毎回毎回量を測ったりするの必要があって一手間がかかるという点。でも摂取しない場合の食生活にかけるコストを考えるとずっとかからないので充分な許容範囲だ。

健康食品の選択基準は人それぞれではあるが、上記内容に共感できる方なら、こういった青汁の商品は試す価値があると思う。

青汁は心強い存在であるが、私ような超ワガママこじらせ重度アトピーの人が、軽度以上の改善を目指すには、6ヶ月以上の時間と1日に大量摂取が必要のようだ。青汁の価値の程はもう充分に満足できているので、今は「青汁+α」のシナジーについてあれこれ試しているところである。追って報告したい。


お気に入りポイント

青汁は、アトピー改善に良いとされる栄養の種類が豊富でかつ質も高い為、特に
- 家にいる時間が少なく、食事は基本外出
- 脳内が仕事や趣味で一杯で、食生活のことは二の次になってしまう
- 症状に悩んでいるが、アトピーと栄養に関して知識が浅く、食生活の質の維持・向上ができない
という当事者の方は合うのでは、と思う。


留意点

重度の場合、青汁の摂取量が多くなるため、毎回その計量が少し面倒かもしれない。

期待値に関しては、初めは「生活の不便・不自由がだいぶ解消される」くらいが適切かと。特に、悪化要因を多く抱える重度から軽度以上の改善には、半年以上の時間と、場合によっては+αが必要だと思われる。




このエントリーをはてなブックマークに追加


※この対策はあくまで一当事者の体験談であり、医学的・科学的根拠は必ずしも保証されていません。untickleでは明らかに医学的に間違っていると弊社監修医の方が判断をした内容は削除をしますが、基本的には当事者の方の意見を尊重しております。ご了承のうえ、上記投稿内容をご参考下さい。

もっと詳しく聞きたいことや感想などを書き込んでね!


この対策を見た人は、こんな対策もみています

今週の注目トップ5

重度になって分かったアトピーの人に向いているベッドとは

昨年の春先、ステロイドを完全に断ったせいもありアトピーがひどくぶり返し半年間寝たきり生活を送っていました。 寝たきりのときはトイレに行くのも大変で、毎日大量の落屑...

chiyo 全身 まっか | 2016-03-12 | 1 views
重度になって分かったアトピーの人に向いているベッドとは
chiyo 全身 まっか
 2016-03-12 | 1 views

薬を塗る時はリント布を活用しよう!

ガーゼやコットンなどを使って薬を塗った部位を保護する人もいると思いますが、一番使い勝手が良いのはリント布でした。使い方は簡単です。薬を塗った部位の面積と同じか少し広い位...

shin かさかさ | 2015-01-27 | 1 views
薬を塗る時はリント布を活用しよう!
shin かさかさ
 2015-01-27 | 1 views

絆創膏を使った就寝時の掻き壊し対策

寝る前に絆創膏を用意します。 1方向からだと剥がれやすいので2方向。これで寝ると、掻いてしまっても大きな傷がつかなくなりました。ただ、絆創膏の角とかがひっかかるので逆に...

あかりん かさかさ | 2015-01-27 | 1 views
絆創膏を使った就寝時の掻き壊し対策
あかりん かさかさ
 2015-01-27 | 1 views

アスリートにアトピーはいない!?運動がアトピーに効果的な理由

どうも~(*'ω'*)ステロイド辞めて3年目突入中の、郁です。 ステロイド辞めてからのリバウンドは、半端ないのは 皆さんご存知だと思いますが、それを和らげてくれ...

ikuko まっか | 2016-01-02 | 1 views
アスリートにアトピーはいない!?運動がアトピーに効果的な理由
ikuko まっか
 2016-01-02 | 1 views

掻きこわしにはモクタール軟膏がおすすめ

藤澤皮膚科で処方してもらったモクタール軟膏を1日2回、朝着替えるときと、お風呂あがりに塗っていました。塗った感じはほぼ市販の保湿剤と似ています。モクタール軟膏自体の効果...

ueki 全身 ぐじゅぐじゅ | 2015-01-27 | 1 views
掻きこわしにはモクタール軟膏がおすすめ
ueki 全身 ぐじゅぐじゅ
 2015-01-27 | 1 views