重度になって分かったアトピーの人に向いているベッドとは

2886 views

♡0 お気に入り

対策を投稿した人

Media Object

chiyo

30代 | 東京 | 全身 | まっか

アトピー対策の詳細

内容

昨年の春先、ステロイドを完全に断ったせいもありアトピーがひどくぶり返し半年間寝たきり生活を送っていました。

寝たきりのときはトイレに行くのも大変で、毎日大量の落屑が出るもこまめに掃除ができない状況でした。また深刻なうつ病も併発していた為、部屋のメイン照明をつけるどころか日中カーテンを開けられない生活が何ヶ月も続きました。もちろんそんな環境がアトピーに良いはずはないのですが、現実的にはどうすることもできませんでした。

今年に入って回復してきて動けるようになり、部屋の掃除なども以前ほどに苦じゃなくなってくると、部屋の環境の深刻さが見えてきました。

ずっと日光があたらない薄暗い状態だったこともあり、あちこちにホコリとカビが発生していたのです。特にひどかったのはベッドでした。

私の使用していたベッドは収納付きのベッドで、しっかりしたヘッドボードもついていて、実家を出るとき奮発して買ったものです。一人暮らしなので収納できるベッドはとても便利ですごくお気に入りでした。ところが、このベッドは特に重度のアトピーの人にはとても不向きだということが最近になって分かりました。

アトピーが深刻化すると、全身に炎症がでますが、その炎症部分に熱を持ちます。その状態でほぼ24時間横になっているため、マットレスどころかベッド全体にも湿気がたまってしまいます。収納付きのベッドは機能性は良いですが、もともと通気性が悪い状態です。そのベッドに何ヶ月も横になることでベッド全体がカビだらけになってしまったのです。更にはそこに入れていた服にもかびがはえてしまいました。

またヘッドボードは小物が置けるのでこれもとても便利ですが、重度のアトピーの人の場合マットレスとヘッドボードの間に大量の落屑が入り込み、ダニの温床になってしまうのです。

結局回復し始めて一番最初にしたことはベッドを買い換えることでした。私のような重度化しやすいアトピーの人で、かつ一人暮らしの方は、機能性のベッドではなく、なるべくシンプルでとにかく通気性の良いもの(私は現在はすのこベッドにしています※写真参考)、そしてヘッドボードが無いものを選ぶようにした方が良いと思います。


547_0.jpg

お気に入りポイント

-もしまた重度化したときもベッドがかびだらけにならずに乗りきれる
-通気性でシンプルなベッドは機能性のあるベッドに比べて値段が安め


留意点

ベッドに収納機能がないため、部屋のどこかに別の収納スペースを作らないといけない。マットもスプリングがしっかりしたものではなく、布団マットでも良いと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加


※この対策はあくまで一当事者の体験談であり、医学的・科学的根拠は必ずしも保証されていません。untickleでは明らかに医学的に間違っていると弊社監修医の方が判断をした内容は削除をしますが、基本的には当事者の方の意見を尊重しております。ご了承のうえ、上記投稿内容をご参考下さい。

この対策のコメント

chiyoさんの「すのこベッド」にした理由、「環境浄化によるアトピー対策」ですね。「そういえばそうだった」ということはいろいろあるものです。先人の教えを改めて要約しておきます。第一、外部環境の浄化が必要。ダニ、カビ、細菌類、花粉など。牛乳・卵・大豆、甲殻類などの食品。寒冷、汗、抗生物質、ストレスや大気汚染―これらが体内で異物(アレルゲン)となり痒みを引き起こすので取り除くこと。第二、内部(腸管内)環境の浄化が必要。胃腸の粘膜の傷、ただれ、炎症を治すこと。このふたつが環境浄化の根本です。あとは「いかにして浄化するか」の問題なのです。ベッドや布団、枕にはダニがいっぱい。敷き布団1枚のダニの数は80万匹。もし目にみえたら安心して眠れないとのことです。そこでダニが付きにくい「平板の寝床と半円形の硬い木枕」が勧められています。寝具の日光浴、消毒、皮膚の鍛錬ももちろんだいじ。人に心地よい環境はダニにも快適、寒中に窓を開け放つのも必要。一方、内部環境の浄化は一層だいじ。これも原則を知ることが必要です。肉、卵の蛋白質(糖タンパク)はただれた胃腸の粘膜を通過して体内に侵入し、痒みを引き起こします。また粘膜にやさしい物も過多はやはり大敵。ゴマも1日に20グラム程度で十分、多過ぎればアレルゲンになります。肝腎なのは腹八分目。以上は甲田光雄『アトピーは必ず克服できる』(1997)にあります、念のために。

ままにむ / 手 / まっか / 60代 東京

2016-03-15

chiyoさんと同じく、寝たきりになった際に寝具がカビました(´д`|||) ベッドも寿命が近そうなので、すのこベッド参考にさせていただきます❗それからコメントありがとうございました

猫山 / 足 / まっか / 30代 神奈川

2016-03-17

ままにむさん

有益な情報ありがとうございます!そう言えば甲田先生の本にも書いてありましたね!読んだはずなのにすっかり忘れておりました・・・・。「木枕」は興味がありますね!これは取り入れやすいので一度調べてみようと思います^^

chiyo / 全身 / まっか / 30代 東京

2016-03-18

猫山さん

こんにちは!
わ〜やはりカビましたか><どうやらアトピーあるあるネタみたいですね・・。ひのきのベッドですが、以前のベッドに比べて高さが低めでしたが、ひのきの香りでリラックスできて(いつまで香りが続くかは分かりませんが・・)、今のところ満足しています(*´∀`)ちなみに通気性のことを考えてスプリングマットではなくて一般的な敷き布団を使っています!

chiyo / 全身 / まっか / 30代 東京

2016-03-18

私も重度のとき、布団やマットレスにカビが生えた経験があるので、今でもすのこタイプの折りたたみベットを使っています。折りたたみだと、そのまま窓際に引きずっていけば布団も干せるし、床の掃除も楽ちんです。

私が使っているのは、こちらの商品です。安価なのも嬉しい。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/akaya/ht-bd30-95.html

沙羅 / 腕 / かさかさ / 40代 大阪

2016-10-21

沙羅さん>>なるほど〜〜折り畳みだと更に良さそうですね!!情報ありがとうございます〜今度ベッドがだめになったら(そうならないことを祈りますが)ぜひこれ使ってみたいですね!!(*・∀・*)

chiyo / 全身 / まっか / 30代 東京

2016-10-21


もっと詳しく聞きたいことや感想などを書き込んでね!


この対策を見た人は、こんな対策もみています

今週の注目トップ5

薬を塗る時はリント布を活用しよう!

ガーゼやコットンなどを使って薬を塗った部位を保護する人もいると思いますが、一番使い勝手が良いのはリント布でした。使い方は簡単です。薬を塗った部位の面積と同じか少し広い位...

shin かさかさ | 2015-01-27 | 1 views
薬を塗る時はリント布を活用しよう!
shin かさかさ
 2015-01-27 | 1 views

絆創膏を使った就寝時の掻き壊し対策

寝る前に絆創膏を用意します。 1方向からだと剥がれやすいので2方向。これで寝ると、掻いてしまっても大きな傷がつかなくなりました。ただ、絆創膏の角とかがひっかかるので逆に...

あかりん かさかさ | 2015-01-27 | 1 views
絆創膏を使った就寝時の掻き壊し対策
あかりん かさかさ
 2015-01-27 | 1 views

食事療法で本気でアトピー改善をする方法

朝は玄米(あるいは玄米ベースの雑穀米)・味噌汁・野菜 量はちょっと少なめにする。 昼は白米と野菜。 量は朝と同じくらいで、ちょっと少なめにする。 玄米は栄養があるが消化...

あかりん かさかさ | 2015-01-27 | 1 views
食事療法で本気でアトピー改善をする方法
あかりん かさかさ
 2015-01-27 | 1 views

アスリートにアトピーはいない!?運動がアトピーに効果的な理由

どうも~(*'ω'*)ステロイド辞めて3年目突入中の、郁です。 ステロイド辞めてからのリバウンドは、半端ないのは 皆さんご存知だと思いますが、それを和らげてくれ...

ikuko まっか | 2016-01-02 | 1 views
アスリートにアトピーはいない!?運動がアトピーに効果的な理由
ikuko まっか
 2016-01-02 | 1 views

掻きこわしにはモクタール軟膏がおすすめ

藤澤皮膚科で処方してもらったモクタール軟膏を1日2回、朝着替えるときと、お風呂あがりに塗っていました。塗った感じはほぼ市販の保湿剤と似ています。モクタール軟膏自体の効果...

ueki 全身 ぐじゅぐじゅ | 2015-01-27 | 1 views
掻きこわしにはモクタール軟膏がおすすめ
ueki 全身 ぐじゅぐじゅ
 2015-01-27 | 1 views