Untickle sees the following 3 elements and these balances as important to improve AD symptoms.

Immunity(Skin) imrovement × Mental Care × External Environment factors

Immunity (Skin) improvement
This is the core part to improve condition of AD. AD is regarded as a autoimmune disease. Thus, these are required continuously to improve autoimmune system: improving of intestinal environment and blood flow, excreting body wastes.

Mental Care
More or less, we suffer from some kind of stress or fatigue because of pain, itching, public eye when going out for being AD, or family background and problems at office. These can have a bad influence on autonomic nervous system and AD so we need to be aware of removing them.

External environment factors
Dust, mold, PM2.5 and dryness etc. can be allergens for AD so they need to get removed as much as you can. Some people say they don't need to remove these kinds of allergens, because improving of intestinal environment just leads them to be harmless. However, this is a hindsight-based opinion, so practically we should take care of them.

Find a way to take care of AD that suits you well at unticle and give it a try with these elements and balances above!
				
	
untickleにおける自分に合うアトピー対策とは、「症状、経済力、場所及び生活環境、性格・嗜好」の4つの項目を踏まえて選択し、満足できる結果を得られる対策のことを言います。

■ 症状
症状のレベルによって、選択できる対策の質と数が変わってきます。
具体的には症状が深刻化するにつれ、対策一つ一つの質にこだわる必要があり、選択肢が少なくなっていきます。
例えば、軽度の症状の方は、普段着る服は綿や麻が少なからず含まれていれば良い場合が多いですが、重度の方になると、綿・麻100%のものでないと痒くなる可能性が高くなります。

症状のレベルは、季節や環境などよって変わってきますので、その時々の症状に合わせた対策を選ぶ必要があります。

■ 経済力
商品やサービスの質と値段に対する価値観は人それぞれですが、その判断基準の一つとして
経済力が関わってきます。
例えば、月1万円相当のサプリメントが高くて負担になる人もいれば、それくらいは妥当であり負担でないという人もいます。

経済的に負担のある対策は、継続が難しくなり、結果として満足できる効果を得られない場合が十分に考えられます。
なので、自身の経済力を考慮して、無理なく継続できる商品・サービスを対策に取り入れるべきでしょう。

■ 場所及び生活環境
自宅や職場などの場所に加え、日々の生活環境も、対策を選ぶ際に大事な判断基準となります。
具体的には、自宅や職場の近くあるいは通勤圏内にあるお店や施設は継続しやすいですが、新幹線や飛行機などを利用しないと行けないような所は、負担が大きくなります。
また平日はほとんど会社で過ごさなければいけない方もいる一方で、自宅勤務などで自由がきく方もいますが、それぞれの環境に合った選択をしなければ、やはり負担が大きくなります。

場所や生活環境的に負担のある対策は、やはり継続困難により、結果として満足できる効果を得られない場合が十分に考えられます。
極力、現在の生活圏内で継続して取り入れられる対策を選ぶことをお勧めします。

■ 性格・嗜好
自分の性格や嗜好に合わない対策を選択した場合、その対策自体がストレスになり、満足できる結果を得られない場合が多く見受けられます。
例えば運動自体があまり好きでない方が、対策としてランニングを取り入れても、継続することや、逆に継続できないことへのストレスによって、対策効果を実感する前に挫折をしてしまいがちです。

自分の性格や嗜好に合った商品やサービスは、詳細を知ると自然と「試してみたい!」という気持ちになります。逆に詳細を知ってもあまりピンとこない対策に関しては、無理して取り入れる必要はないと考えています。


アトピーを改善させる為に、「免疫(肌)改善 × メンタルケア × 外部環境」のバランスを意識し、かつ上記4つの項目を考慮しながら対策を選んでみて下さい!